【白馬コルチナスキー場】スキー場情報・アクセス・レビュー・評判・混雑状況など

白馬コルチナスキー場の評価

アクセス:★★☆☆☆

混雑具合:★★★☆☆

施設  :★★★☆☆

ゲレンデ:★★★☆☆

総合評価:★★★☆☆

日帰り向き〇〇〇〇●宿泊向き

初心者向き〇〇〇●〇上級者向き

スキー向き〇●〇〇〇スノボ向き

※この評価は口コミや個人の見解を含む評価であり、公式の評価ではありません。

スポンサーリンク

スキー場基本情報

営業期間  :12月中旬~4月初旬

最長滑走距離:3500メートル

コース数  :16

リフト数  :6(内訳:クワッド2、ペア4)

レベル割合 :初級40%、中級30%、上級30%

ナイター  :有り(土曜日のみ営業)

白馬コルチナスキー場へのアクセス

車なら、長野自動車道 安曇野ICから約90分、上信越自動車道 長野ICから約90分、北陸自動車道経由 糸魚川ICから約50分で到着します。

駐車場は1000台程収容スペースがあり、駐車場代は無料です。ホテルグリーンプラザ白馬宿泊者は、宿泊者専用のゲレンデまでかなり近い駐車場を使用できますが、日帰り客用の駐車場はゲレンデから少し離れています。

電車なら、スキー場最寄りの南小谷駅まで行き、そこから無料シャトルバスで20分です。シャトルバスは1時間に1本程度の運行です。

南小谷駅までは、新宿からなら4時間10分(新幹線を使えば3時間)、大阪から新幹線併用で4時間40分、名古屋から3時間45分かかります。

スキー場までの送迎バスは、長野駅・白馬駅からも出ていますが、こちらは完全予約制です。

バスの場合は直行バスで新宿から4時間半ほどです。

白馬エリアはどこもそうですが、アクセスはやや悪いです。ゲレンデ目の前に「ホテルグリーンプラザ白馬」があり、泊りがけで行くのに適したスキー場です。

混雑具合・混雑状況

白馬コルチナスキー場は「つぼ型」のゲレンデになっているため、ほぼ全てのコースがホテル前で池の田ゲレンデに合流します。そのため、池の田ゲレンデは大変混雑します。それ以外のコースは空いています。

また、一本だけつぼ型から外れている「わらび原ゲレンデ」はほとんど人がおらず、週末でも快適に滑ることが出来ます。平日ならプライベートゲレンデのような感覚で滑れます。

コース数が多いわりにリフトは少ないので、特に土日はリフトの待ち時間が長くなります。敷地内のほぼ全域でツリーラン滑走が可能になっているため、リフトを降りた後は人がばらけます。そのため、リフトが混んでいる日でも、池の田ゲレンデ以外はいつも空いています。

レストランは、ホテル内に4軒程ありますが、その内3軒が、11時頃オープン~14時頃ラストオーダーと、営業時間が限られているため、お昼時に客が殺到します。土日は早めにお昼休憩を取り、席を確保した方が良いでしょう。

施設

ゲレンデ目の前には、赤い三角屋根が印象的なヨーロッパ風ホテル、「ホテルグリーンプラザ白馬」がそびえたっており、まるで海外に来たかのような感覚を覚えます。

施設はやや古い部分もありますが、全体的に綺麗で特にホテルグリーンプラザ白馬内の大浴場はとても評判が良いです。

ジャグジー・大風呂・寝湯の3種類の湯船が楽しめる温泉「美人の湯をはじめ、大きな窓からゲレンデを一望出来る展望岩風呂、ミストナウナとドライサウナなど充実の設備と広いお風呂でスキーの疲れを癒せます。入浴料は大人1000円、小人600円です。(ホテル宿泊者は無料)

レストランも値段の割に味が良いと評判になっています。

特に、ホテル内1階のレストラン「りりかる」ではピザのトッピングを自分で選べるため、ファミリーを中心に大変人気があります。

ホテル内地下1階のレストラン「安曇野」はバイキングスタイルになっており、安い値段でたっぷり食べられるのでこちらも人気があります。(男性1500円・女性1300円)

ゲレンデ

このスキー場最大の売りは、やはり非圧雪コースツリーランで楽しむ天然パウダーでしょう。

白馬エリアなだけあって雪質はとても良く、極上のパウダーを楽しむことが出来ます。「パウダーと言えばコルチナ」「パウダーの聖地」とも呼ばれ、コルチナのパウダーは日本のみならず海外からも人気を集めています。

白馬エリアの中でも外国人客の多いコルチナスキー場は、ヨーロッパ風ホテルの外観も相まって、本当にヨーロッパに来たかのような感覚に陥ります。

外国人客のほとんどはパウダーを求めて早朝からリフトに並ぶため、お昼過ぎにはパウダーエリアは滑りつくされてしまっています。パウダー目当てでコルチナに行くなら早朝から滑れるよう夜行バスや宿泊ツアーで行くなどした方が良いでしょう。

メインゲレンデの池の田ゲレンデは、コース幅も広く斜度も緩やかで初心者にもオススメですが、週末は大変混雑するため自分のペースで滑るのが難しい事もあります。

初心者が滑れるコースは池の田ゲレンデくらいしかないため、初心者の方は白馬エリアに行くなら、コルチナではなく栂池高原に行った方が良いでしょう。

外国人スキーヤーが多いためか、このスキー場ではスノーボーダーよりもスキーヤーの方が多いです。

ツアー・宿

スキースノボツアーなら

スキーツアーならJALで行く格安旅行のJ-TRIP(ジェイトリップ)
スキーツアー・スノボツアーを安さで選ぶならトラベックスツアーズ!

宿を探すなら人気ホテルが最大50%OFF!

総合評価

一言で言えば、「極上のパウダーを思う存分楽しめるスキー場」です。

ツリーランを滑れる技術を持った中上級者ならコルチナを十二分に楽しめるでしょう。

隣の白馬乗鞍との共通リフト券も販売しているので、そちらを購入して、朝はコルチナのパウダー、午後は白馬乗鞍と滑り分けるのも良いでしょう。

関連記事

白馬エリア-スキー場レビュー記事一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする