【白馬乗鞍温泉スキー場】スキー場情報・アクセス・レビュー・評判・混雑状況など

※画像はイメージです

白馬乗鞍温泉スキー場の評価

アクセス:★★★☆☆

混雑具合:★★★★☆

施設  :★★☆☆

ゲレンデ:★★☆☆☆

総合評価:★★★☆☆

日帰り向き〇〇〇●〇宿泊向き

初心者向き〇〇●〇〇上級者向き

スキー向き〇●〇〇〇スノボ向き

※この評価は口コミや個人の見解を含む評価であり、公式の評価ではありません。

スポンサーリンク

スキー場基本情報

営業期間  :12月中旬~4月初旬

最長滑走距離:2500メートル

コース数  :16

リフト数  :9(内訳:ペア9)

レベル割合 :初級30%、中級40%、上級30%

白馬乗鞍温泉スキー場へのアクセス

新幹線なら、東京駅から長野駅まで90分、その後特急バスで白馬乗鞍まで90分、合わせて3時間で到着します。名古屋からなら、特急しなの・特急スーパーあずさで南小谷駅まで約3時間15分です。

車なら、安曇野ICから北アルプスパノラマロード、国道148号線利用にて約60km(約70分)。更埴ICからオリンピック道路、国道148号線利用にて約60km( 約70分 )。糸魚川ICから 国道148号線 利用にて約40km(約40分 )。

駐車場は若葉ゲレンデそばに3か所、合わせて1000台収容できます。駐車場代は無料です。

バスなら、新宿から直行バスで4時間半程です。

日帰りで行くにはややアクセスが悪く、来場者は泊りがけで来る方が多いです。ゲレンデ麓には白馬アルプスホテルがあり、こちらのホテルに泊まる宿泊ツアーも多く出ています。

混雑具合・混雑状況

白馬エリアの中ではコンパクトな白馬乗鞍温泉スキー場は、週末でも比較的人が少ない穴場スキー場です。

若葉中央ゲレンデはやや混雑しますが、それでもリフト待ちはほとんどありません。

里見中央ゲレンデは、メインゲレンデの若葉中央ゲレンデからやや離れているため、かなり空いており、週末でも人を気にせずのびのび滑ることが出来ます。

駐車場は1000台の収容スペースがあるため、停める場所に困ることはないでしょう。

ロッカー・レストラン・温泉は時間帯によって混雑します。

施設

若葉中央ゲレンデ麓の白馬アルプスホテル内に、レンタル・ロッカー・売店・レストラン・温泉などが集約されており便利です。特に温泉は、露天風呂も備えており人気があります。入浴料は大人800円、小人500円です。

スキー場そばには、もう一つの温泉「若栗温泉」があります。スキー場を出てやや歩く必要がありますが、こちらの方が空いているため、こちらの温泉に行くのも良いでしょう。入浴料は大人600円、小学生500円、幼児 300円です。

ゲレ食は、若葉中央ゲレンデ麓にある「スノードロップ」でカレー・丼もの・ラーメンなどの定番メニューを食べる事が出来ます。他のスキー場と比べるとやや安く、味も値段の割に美味しいと評判です。

また、ゲレンデサイドにはスキー場直営ではないレストランもいくつかあります。里見中央ゲレンデそばにあるピザ屋は本格窯焼きで美味しいと評判です。

ゲレンデ

白馬乗鞍温泉スキー場は、大きく分けて二つのエリアに分かれており、里見中央ゲレンデエリアと若葉中央ゲレンデエリアの二つがあります。

横に広いスキー場のため、若葉中央ゲレンデから里見中央ゲレンデまで移動するのはやや面倒です。一部リフト乗り場まで漕がなければならない場所もあり、特にスノボの場合は移動が大変でしょう。

また、エリア移動するためには一部中級コースを滑らなければならない為、初心者は無理に移動せず、若葉中央ゲレンデで滑った方が良いでしょう。

景色が綺麗なVIEWポイントは3か所あり、アルプス第3高速ペアリフト・アルプス第9ペアリフト・アルプス第10ペアリフトの降り場からの景色は写真を撮るのに適しています。

ですが、その3か所から麓までは、中級・上級コースを滑らなければならず、初心者用の迂回コースもないため、初心者はこのスキー場では景色をあまり楽しめないかもしれません。

雪質は白馬エリアならではのサラ雪・粉雪です。また、平日は圧雪していない日もあり、タイミングが良ければ良質なパウダーを存分に楽しむことが出来ます。

空いているスキー場のためリフト待ちはほとんどありませんが、全てペアリフトで、全て低速運転です。白馬乗鞍温泉スキー場の公式ゲレンデマップには高速リフトが3本あることになっていますが、この高速リフトも他スキー場と比べると移動速度はやや遅いです。

ツアー・宿

スキースノボツアーなら

スキーツアーならJALで行く格安旅行のJ-TRIP(ジェイトリップ)
スキーツアー・スノボツアーを安さで選ぶならトラベックスツアーズ!

宿を探すなら人気ホテルが最大50%OFF!

総合評価

良質なパウダーで人も少なく、快適に滑ることが出来ますが、コンパクトなスキー場のため、半日も滑ったら飽きてしまうかもしれません。

がっつり滑りたいなら、すぐ隣の白馬コルチナスキー場との共通リフト券を買う事をオススメします。

白馬乗鞍温泉スキー場の1日券が4000円に対して、白馬乗鞍・白馬コルチナ共通リフト券は1日券4800円なのでお得に2つのスキー場を滑ることが出来ますよ。(料金は変動する事があります)

関連記事

白馬エリア-スキー場レビュー記事一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする