【SNOVA新横浜、溝の口】一年中滑れるスキー場!

今回は、スキーで1年中滑れる施設のSNOVAをご紹介します。

神奈川近郊でスキーの施設を探していたり、オフシーズンで滑れる場所を探している方にオススメです。

SNOVA新横浜へのアクセス

SNOVA新横浜は新横浜駅と鶴見駅の中間の位置にあります。

どちらの駅からも歩くと遠いので、バスを利用するのが好ましいです。

もちろん車がある方は、車での移動が楽です。

電車

JR新横浜駅下車→バスターミナル8番乗場104系統「鶴見駅西口」行き「陸橋下」バス停下車

JR鶴見駅下車→鶴見駅西口みずほ銀行前乗場104系統「新横浜駅」行き「陸橋下」バス停下車

車(駐車場45台)

第三京浜道路 港北IC→環状2号線 JR新横浜駅T字路左折 三ッ池公園北門そば 20分

首都高速横羽線 汐入IC→末吉橋交差点左折 20分→スノーヴァ新横浜

SNOVA溝の口-R246

SNOVA溝の口は津田沼駅のすぐ側にある施設です。電車でかなり行きやすい場所にあります。

電車

JR南武線 津田山駅 下車徒歩2分

車(駐車場100台)

第三京浜 京浜川崎インターより15分

東名高速 東名川崎インターより20分

国道246号線 津田山陸橋交差点より3分(二子玉川より10分/梶ヶ谷より10分)

混雑具合・混雑状況

空いてはいませんが、通年で営業しているため大幅に混雑する事は少ないです。

ただし、オフシーズンに比べてウィンターシーズンの方が混んでいるため、オフシーズンに行くのがオススメです。

夕方になると混み始めるので、混雑を避けたければそれまでに滑り終えるのがいいでしょう。

また、ジブが設置されている曜日が予め決まっているので、それが目当ての方はご注意ください。

ゲレンデ

SNOVAの雪は吸水性ポリマーで出来ています。そのため、普通の雪と違って溶けないです。

滑り心地はエッジが引っ掛かる感覚が強いです。ただ、感触は雪に近いので練習にはなります。

どちらもジブ、キッカー、ハーフパイプが設置されています。(曜日によって設置されていない日もあります。)

コース(新横浜)

全長60m、幅30m、斜度10度~14度のコースがあります。規模が大きいとは言えませんが、十分練習になります。

コース(溝の口)

全長60m、平均斜度12度で初心者コースの規模です。こちらも新横浜と同じ位の規模です。

まとめ

一言でいうと、スキーの練習向きの施設です。コースの規模が小さいので、オフシーズンに滑り心地を確かめるのに使うのがいいでしょう。

また、今年の夏は暑いので避暑替わりに使うのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする