【斑尾高原スキー場】スキー場情報・アクセス・レビュー・評判・混雑状況など

※画像はイメージです。

斑尾高原スキー場の評価

アクセス:★★★☆☆

混雑具合:★★★☆☆

施設  :★★★★☆

ゲレンデ:★★★☆☆

総合評価:★★★☆☆

日帰り向き〇〇〇●〇宿泊向き

初心者向き〇〇〇●〇上級者向き

スキー向き〇〇●〇〇スノボ向き

※この評価は口コミや個人の見解を含む評価であり、公式の評価ではありません。

スポンサーリンク

スキー場基本情報

所在地   :長野県飯山市斑尾高原

営業期間  :12月中旬~3月下旬

※2018-2019シーズンは12/15~3/31営業予定

最長滑走距離:2500メートル

コース数  :31

リフト数  :14(内訳:クワッド4、トリプル4、ペア6)

レベル割合 :初級30%、中級35%、上級35%

最大斜度  :37度

ナイター  :有り(毎週土曜日と一部イベント日のみ)

リフト料金

斑尾高原スキー場のリフト券料金です。

券種 大人(中学生以上) シニア(55歳以上) 子供
1日券 4,500円 4,000円 1,500円
2日券 8,100円 7,100円 2,500円
3日券 11,900円 10,100円 3,500円
4時間券 3,900円 3,300円
ナイター券 1,800円 1,600円 ※子供は日券でナイター利用可能
1回券 400円 400円 300円
午後+ナイター券 4,800円 4,000円

※リフト運行時間は時期・天候などにより若干変更になる場合があります。

※未就学児はリフト券無料です。

マウンテンパス(共通券)

斑尾高原スキー場+隣接するタングラムスキーサーカスも利用出来るリフト券

料金 大人(中学生以上) シニア(55歳以上) 子供
1日券 5,000円 5,000円 3,000円

斑尾高原スキー場へのアクセス

車で行く場合は、上信越自動車道豊田飯山ICから約10km(17分)、妙高高原ICから15km(約25分)で到着します。

東京方面から向かう場合は、練馬ICからスキー場まで約3時間、大阪方面からなら吹田ICから約5時間20分、新潟方面からなら新潟中央ICから約2時間の道のりです。

駐車場は一部有料(500円)、それ以外は無料です。詳しくはこちらをご覧ください。

新幹線利用の場合は、最寄り駅の飯山駅まで、東京駅から110分、名古屋駅から190分、大阪駅から240分です。

最寄駅からはバスが多く出ており、バスで30分程でスキー場に到着します。

乗るバスの種類によって乗車料金は若干変わってきますが、一番安いコミュニティバスで大人片道500円です。

混雑具合・混雑状況

花火大会などのイベントが多いのもこのスキー場の人気のひとつですが、やはりイベント開催日は混雑します。特にイベント開催場所やレストランなどは込み合いますので、混雑を避けたい場合は時間帯をずらすと良いでしょう。

また、麓のメインゲレンデは全てのコースの終着点になるため、人が多く混雑します。ですが、リフトで上まで登ってしまえばそこまでの混雑はありません。

リフトもコース数も多いため、混雑を避けたい人は、なるべく麓に戻らず回れるコースを滑ると快適に滑る事が出来るでしょう。

施設

チケット売り場はレストラン白樺前と、レストランハイジ内の2か所にあり、この二つのレストラン内に、コインロッカーや更衣室・売店・レンタル等の基本施設が全て揃っているので移動に手間がかからず大変便利です。

また、レストラン白樺側にある、斑尾高原スキー場直営のレンタルショップ「パウダーステーション」は、サービスが良いと評判です。

通常のスノーボード・スキー板のレンタルはもちろん、上級者用のデモスキー板パウダー用のスキー板のレンタルも取り扱っており、初心者はもちろん上級者でも満足の行く商品を取り揃えています。パウダー用板の購入を検討している場方は、斑尾高原でテストランしてから購入するのもオススメです。

レストランやカフェはゲレンデ内に8軒以上もあり、席数は合計で少なくとも1300席以上あります。特に、メインレストランの「レストランハイジ」は席数800席もあるため、ここならお昼時も座る場所に困る事は無いでしょう。

他にも、花火大会などの各種イベントが多くあります。また、スノーシュー・スノーラフティングの他、スキー場では珍しいそば打ち体験やインドアクライミング等のアクティビティも多彩です。特にファミリーや多人数で訪れるとより楽しむ事が出来るでしょう。

スキースノボ以外にも楽しみが多く、ゲレンデ麓やゲレンデそばにはホテルも数か所あるため、泊りで斑尾高原に訪れるのもオススメです。

ゲレンデ

100%天然雪で整備されたゲレンデ内は雪質も良いと評判です。

また、パウダーを楽しみたい方のためにツリーランエリアも数多くあります。(ツリーランは全て上級者用ですので初中級者は安全の為絶対立ち入らないようにしましょう)

最大滑走距離は2500mとなっていますが、これは頂上の上級コースから初級の迂回コースを通って麓まで滑った場合の距離ですので、実際には長く楽しめるロングランは無いと思った方が良いでしょう。

その代わりに、初級者コースから上級者コースまで様々な趣向を凝らした多彩なコースがあります。特に上級者であれば、ツリーランをはじめ、様々なコースにチャレンジ出来るので1日滑っていても飽きません。

初級者用コースはメインゲレンデの周りに集まっている為、初級者は多少の混雑を覚悟する必要があるかもしれません。

また、コース数が多いためやや分かりにくい、リフトの乗り継ぎが面倒と言う声もあります。

ツアー・宿

スキースノボツアーなら

スキーツアーならJALで行く格安旅行のJ-TRIP(ジェイトリップ)
スキーツアー・スノボツアーを安さで選ぶならトラベックスツアーズ!

宿を探すなら人気ホテルが最大50%OFF!

総合評価

斑尾高原スキー場を一言で表すと、「スキースノボ以外も楽しめる中級者以上にオススメのスキー場」と言えるでしょうか

初級コースも多くありますので、初心者でも十分に滑る事は出来ますが、中級者以上であれば、斑尾高原をより堪能する事が出来るでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする