【丸沼高原スキー場】スキー場情報・アクセス・レビュー・評判・混雑状況など

丸沼高原スキー場の評価

アクセス:★★☆☆☆

混雑具合:★★★☆☆

施設  :★★★★☆

ゲレンデ:★★★☆☆

総合評価:★★★☆☆

日帰り向き〇〇〇●〇宿泊向き

初心者向き〇〇●〇〇上級者向き

スキー向き〇〇〇●〇スノボ向き

※この評価は口コミや個人の見解を含む評価であり、公式の評価ではありません。

スポンサーリンク

スキー場基本情報

所在地   :群馬県利根郡片品村東小川4658−58

営業期間  :11月下旬~5月上旬

※2018-2019シーズンは暖冬の影響で12月1日にオープンしました。~5月6日営業予定

最長滑走距離:4000メートル

コース数  :20

リフト数  :8(内訳:ロープウェイ1、、ペア7)

レベル割合 :初級35%、中級45%、上級20%

最大斜度  :32度

リフト料金

リフト料金はスキー場を利用する時期(プレオープンシーズン・オープニングシーズン・トップシーズン・春シーズン)によって若干変動がありますが、ここではトップシーズンの料金をご紹介します。

※2018-2019のハイシーズン適用日は2018年12月1日~2018年12月21日予定

です。

券種 大人 シニア(55歳以上) 中高生 小学生
リフト1日券 4,900円 4,400円 3,700円 2,200円
ランチ・セット1日券 5,600円 5,100円 4,400円 2,900円
当日5時間券 4,400円 4,400円 4,400円 4,400円

※セット券は、リフト1日券に1,200円分のお食事券が付属したものです。
※リフト運行時間は時期・天候などにより若干変更になる場合があります。

その他のシーズンの料金・シーズンパスの料金等は公式HPをご覧ください。

丸沼高原スキー場へのアクセス

車で向かう場合は、関越自動車道沼田ICから37kmと、最寄りのICからはやや距離があります。駐車場代は平日は無料、土日祝日と年末年始は1日1000円です。(シーズン券利用者は全日無料です。)

東京からバスで向かう場合は、バスタ新宿から道の駅尾瀬かたしなまで、直通バス「かたしなスノーエクスプレス号」が1日1本出ています(所要時間3時間40分)。ですが、尾瀬かたしなからスキー場まではタクシーで20分程と距離があるため、日帰りバスツアー等を利用した方が良いでしょう。

新宿発のバスツアー利用の場合は、スキー場までの所要時間は3時間30分程です。

新幹線や電車は、最寄り駅からスキー場までが遠いため、オススメしません。

混雑具合・混雑状況

関東の中ではオープンが早く、営業期間も長い事で知られる丸沼高原スキー場。

やはり、他のスキー場が営業していない11月末から12月頭頃や、4月中旬以降は大変混雑します。

ですが、近隣のスキー場と比べるとややアクセスが悪いためか、ハイシーズンにはそこまでの混雑はありません。

そのため、丸山高原スキー場は、スキースノボをより長い期間楽しみたい方や、ハイシーズンに混雑を避けたい方に人気の穴場スポットとなっています。

施設

ゲレンデ麓にある「センターステーション」には、リフト券売り場を初め、レストランやスクール・更衣室にレンタルショップ、売店など、必要な施設が全て集約されている為、スキー場に着いてから、滑り出すまでの準備を大変スムーズに行う事が出来ます。

更衣室は大きなガラス張りの部屋になっているので、身だしなみが気になる女性に大変評判が良いです。ロッカーも大きく数も十分にありますが、オールインワンの大きなスキーバッグは入らないかもしれません。

他にも、センターステーション内には、キッズ用のクッション遊具が設置された無料休憩所があるためファミリーでも安心して楽しむ事が出来ます。休憩所はやはり、人気がありいつもたくさんの人がいます。

また、混雑していても、誰にも邪魔されずにのんびり過ごしたい人は、有料のレンタルルームを借りる事が出来ます。レンタルルーム完全予約制で平日5000円、土日祝は8000円です。

更に、ステーション内には温泉「座禅温泉」があり、日帰り客から大変な人気があります。

露天風呂はありませんが、1面が大きなガラス張りとなっており、浴槽に浸かりながら雪山を臨む事が出来ます。サウナも付いて、料金は大人(中学生以上)700円、小学生500円、貸しタオル300円です。

スキー場周辺には、ゲレンデまで徒歩0分と最高の立地の宿泊施設「シャトー丸沼」を初め、宿泊施設が大変多くあります。宿泊料金も食事付きで1泊1万円前後~とリーズナブルなところが多いため、泊まり込みで滑りに来る方も多い様です。

ゲレンデ

基本的には緩やかなコースが多く、コース幅も広く滑りやすいコースが多いため、主に初中級者に人気があるスキー場です。圧雪も綺麗にされていると評判の為、初心者でも安心して滑る事が出来るでしょう。

また、上級コースの中には全長700mを超える長いコブ斜面(降雪直後はパウダー)もあるため、コブ好きの上級スキーヤーから大変人気を集めています。

ゲレンデ麓から出ているロープウェイに乗れば一気に頂上まで登る事が出来るため、煩わしいリフト乗り換えが無いのも嬉しいです。頂上からは初級者用の迂回コースが麓まで続いている為、初級者の方も是非、ロープウェイに乗って頂上からの景色を見て頂きたいです。

また、6mパイプレールを初め、様々なアイテムが設置された規模の大きな「スノーパーク」は主にスノーボーダーに大変な人気を集めています。

そのためか、ゲレンデ全体で見ても、スキーヤーよりスノーボーダーが多いようです。

最長滑走距離は4,000mとありますが、これは、頂上から初級の迂回コースを通り、一部平坦な道を横切り麓まで滑り降りた場合の距離です。爽快感が楽しいロングランではないため、このコースを周回するのはあまりオススメしません。

ツアー・宿

スキースノボツアーなら

スキーツアーならJALで行く格安旅行のJ-TRIP(ジェイトリップ)
スキーツアー・スノボツアーを安さで選ぶならトラベックスツアーズ!

宿を探すなら人気ホテルが最大50%OFF!

総合評価

丸沼高原スキー場を一言で言うと、「営業期間が長く、スキースノボを長く楽しみたい方のためのスキー場」と言えるでしょうか。

ややアクセスが悪い事や、宿泊施設の立地の良さ等を鑑みると、日帰りよりも泊りで行く方が断然おススメです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする