【タングラムスキーサーカス】スキー場情報・アクセス・評判・混雑状況・リフト料金・レビューなど

※画像はイメージです。

タングラムスキーサーカスの評価

アクセス:★★★☆☆

混雑具合:★★★★☆

施設  :★★★★☆

ゲレンデ:★★★☆☆

総合評価:★★★☆☆

日帰り向き〇〇〇〇●宿泊向き

初心者向き〇●〇〇〇上級者向き

スキー向き〇●〇〇〇スノボ向き

※この評価は口コミや個人の見解を含む評価であり、公式の評価ではありません。

スキー場基本情報

所在地   :長野県上水内郡信濃町古海3575-8

営業期間  :12月中旬~3月下旬

※2018-2019シーズンは12/15~3/31営業予定

最長滑走距離:2500メートル

コース数  :20

リフト数  :5(内訳:クワッド2、ペア3)

レベル割合 :初級30%、中級40%、上級30%

最大斜度  :35度

ナイター  :有り(毎週土曜日と一部イベント日のみ)

スポンサーリンク

リフト料金

タングラムスキーサーカスのリフト券料金です。

タングラム 大人(中学生以上) シニア(55歳以上) 小学生
1日券 4,200円 3,600円 3,000円
2日券 7,600円 6,400円 5,400円
3日券 11,400円 9,800円 8,100円
4時間券 3,200円 2,800円 2,500円
キッズ券(未就学児) 1,000円
回数券1回 500円
回数券11回 5,000円
ナイター券 1,500円(未就学児は800円)

※4時間券は発券から4時間まで利用出来ます。発券から4時間以内であればナイターも利用出来ます。

マウンテンパス(共通券)

タングラムスキーサーカス+隣接する斑尾高原スキー場も利用出来るリフト券

料金 大人(中学生以上) シニア(55歳以上) 子供
1日券 5,000円 5,000円 3,000円

タングラムスキーサーカスへのアクセス

車で行く場合は、上信越自動車道「信濃町IC」から約10km(約20分)または、上信越自動車道「妙高高原IC」から約10km(約20分)で到着します。

所要時間は、東京方面からなら練馬ICからスキー場まで約3時間、大阪方面からなら吹田ICから約5時間20分、新潟方面からなら新潟中央ICから約2時間です。

駐車場は広いスペースがありますが、ゲレンデに一番近い駐車場は、ホテルタングラム宿泊者専用となっています。日帰り客用の駐車場はやや離れており、駐車場からゲレンデまで上り坂を歩く必要があります。

新幹線利用の場合は、最寄り駅の飯山駅まで、東京駅から約110分、名古屋駅から約190分、大阪駅から約240分です。その後飯山駅から路線バスで45分程でスキー場に到着します。

また、長野駅・飯山駅・黒姫駅からスキー場までのバスが出ています。

長野駅発のバスは要予約です。

混雑具合・混雑状況

コンパクトなスキー場ですが、混雑はあまりありません。

ファミリーが多いスキー場の為、初心者コースが一番人が多いですが、メインゲレンデはコース幅が広いため滑る場所に困るようなことはありません。

メインゲレンデを通る第3クワッドリフトには人が集まりやすいですが、待ち時間はあっても5分程です。それ以外のリフトは、土日でも待ち時間はほとんどありません。

上級コースはいつもガラガラです。

日帰り客でも、ゲレンデ麓のホテルタングラム内のレストランが利用出来ます。席数は400もあり広々としている為混雑時も座る場所に困る事は無いでしょう。ただし、ラストオーダーが14時の為注意が必要です。

タングラム斑尾温泉は、日帰り客が多い日は夕方頃に混むこともありますが、それ以外の時間帯は空いています。

施設

全体的に施設は広く清潔です。

ゲレンデ麓には、ホテルタングラムが併設されており、レストラン・温泉等の施設は宿泊者はもちろん日帰り客も利用することが出来ます。

ホテル内のレストラン「ZIGZAG」はカレーや丼もの・ラーメンにピザなど、定番物が揃っており、席数も多いためゆったりと休むことが出来ます。ただし、値段は他スキー場と比べても高いです。

ホテル内の「タングラム斑尾温泉」は、内風呂・露天風呂・サウナがあり、日帰り客も入れるため大変人気があります。

入浴料は、ホテルタングラム宿泊者は無料(入湯税150円必要)、日帰り客は、バスタオル・フェイスタオル付で大人1,000円子供500円です。

また、スキースノボ以外のアクティビティが充実しているのもタングラムスキーサーカスの大きな特徴です。

中でも特に人気なのが、スノーモビルツアーです。スノーモビル体験ツアーは1人~2人乗りのスノーモビルに乗って雪道を滑走出来る大変人気のあるツアーです。

5歳の子供から参加出来る「モビル体験コース」から、本格的な「樹林ツアー」まで種類も様々で、大人も子供も楽しむことが出来ます。

他には、スノーモビルに引っ張られて雪上を疾走する「スノーラフティング」は、他スキー場にはあまりないバナナボート型のラフティングボートがあり、こちらも人気を集めています。

また、タングラムスキーサーカスは愛犬を連れていけるスキー場としても有名です。雪上ドッグランは、リードを外した愛犬と一緒に雪上を走り回ることが出来ます。ホテルタングラムにはペットホテルもあるため泊りでも安心です。

更に、ホテルタングラム内には、ボルダリングや温水プールがあるため、あいにくの天気となってしまっても退屈しません。

他にもかまくら体験や夜の新設探検など、多彩なアクティビティでスキースノボをしない方も1日中遊ぶことが出来ます。

ゲレンデ

ゲレンデはコンパクトながらも多彩なコース編成で、初級コースから上級コースまでバリエーション豊かです。

タングラムスキーサーカスはファミリー向けスキー場と言うイメージが強いですが、非圧雪コースやコブ斜面等もあり上級者でも滑りごたえのあるコースが揃っています。

また、上級コースはいつも空いている為、上級者がこっそり練習するのにも丁度いいかも知れません。

頂上からは周りの山々を一望できますが、山頂に行くには二つのリフトを乗り継がなければらなず、リフトの配置が悪いと言う口コミもあります。

ファミリーが多いスキー場で、子供とスキーヤーの比率が高いです。コース幅も広めに取ってあるため、衝突の危険性も少なく安心して滑れるのも、このスキー場の魅力かも知れません。

タングラムスキーサーカス単体ではコンパクトで、すぐに全てのコースを滑れてしまうため、1日以上かけてがっつり滑りたい場合は、隣接の斑尾高原スキー場との共通リフト券を使用する事をオススメします。

ツアー・宿

スキースノボツアーなら

スキーツアーならJALで行く格安旅行のJ-TRIP(ジェイトリップ)
スキーツアー・スノボツアーを安さで選ぶならトラベックスツアーズ!

宿を探すなら人気ホテルが最大50%OFF!

総合評価

タングラムスキーサーカスは、「多彩なアクティビティで楽しむ複合施設」と言ったところでしょうか。

スキースノボ以外にも、雪山で様々な遊びがしたい方に最適のスキー場です。

スキースノボのみを真剣に滑りたい方は他のスキー場へ行った方が良いかも知れません。

関連記事

スキー場レビューページ一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする