【夏でもスキースノボがしたい!】夏に滑れる場所まとめ

スキースノボと言えば冬のスポーツですね。

冬のシーズンが終わってしまうと寂しい気持ちになりますが、実は夏の間もスキースノボを楽しむ方法があるんです。

今回は夏の間にスキースノボが出来る夏スキーについてご紹介します。

春~夏にかけて営業するスキー場

日本には初夏でも自然雪で滑れる大変珍しいスキー場があります。

初夏に営業しているスキー場を2つご紹介します。

月山スキー場(山形)

月山スキー場は他スキー場がクローズする4月上旬にオープンし、7月末頃まで営業する珍しいスキー場です。

リフトはペアリフト1基、Tバーリフト2基と少ないですが、ゲレンデは意外と広く、いつも多くのスキーヤー・スノーボーダーで賑わっています。

【スキー場情報】

営業期間 :4月上旬~7月下旬

所在地  :山形県西村山郡西川町大字間沢59番地

コース数 :3

コース編成:初級20%、中級40%、上級40%

公式HP   :http://www.gassankanko.jp/pages/summer_ski.html

【月山スキー場】スキー場情報・アクセス・評判・混雑状況・リフト料金・レビューなど

奥只見丸山スキー場(新潟)

奥只見丸山スキー場は、新潟の中でも特に豪雪地帯として知られる地域に位置しており、ハイシーズン(1月~2月頃)は積雪量が多すぎてスキー場への道が閉ざされるため、主に春シーズンのみ営業しているスキー場です。コース数は10もあります。5月以降に10ものコースバリエーションがあるスキー場は他にありません。

【スキー場情報】

所在地   :新潟県魚沼市湯之谷芋川字大鳥1317-3

営業期間  :12月中旬~1月上旬 3月下旬~5月中旬

コース数  :10

コース編成:初級40%、中級30%、上級30%

公式HP

【奥只見丸山スキー場】スキー場情報・アクセス・評判・混雑状況・リフト料金・レビューなど

通年営業のスキー施設

また、全国には1年を通してスキースノボが出来るスキースノボ施設があります。

いくつかご紹介します。

スノーヴァ

神奈川県にある、一年中人工雪の上を滑ることが出来る室内スキー場です。

キッカー等のアイテムやハープパイプもあり、特に若いスノーボーダーに大変人気があります。

公式HP:http://www.snova246.com/

【SNOVA新横浜、溝の口】一年中滑れるスキー場!

キングス

雪が降らない時期でもキッカーを利用したジャンプの練習が出来る施設です。

キッカーは大小さまざまな大きさがあるので、初心者の方でも楽しむことが出来ます。

オフシーズンになると、多くの競技プレイヤーがトレーニングをしにキングスに集まります。

公式HP:http://www.chibakings.com/

夏スキー施設

自然雪や人工雪とはまた一味違ってきますが、近年はサマーゲレンデと言って、夏にも滑れるスキー場が増えています。

サマーゲレンデ

夏になると、スキー場のゲレンデの一部にスノーマットを敷き詰め、その上をスキー板・スノーボードで滑れるようにした施設をサマーゲレンデと言います。

かぐらスキー場やふじてんスノーリゾート等、サマーゲレンデがあるスキー場は年々増えてきています。

夏でもスキーができるサマーゲレンデとは!

グラススキー

グラススキーとは、スキー板・スノーボードの代わりにキャタピラをブーツにセットして、芝の上を滑るスポーツです。

スキーとは操作性能が異なってくるため、慣れるまではやや時間がかかります。

スキースノボのオフトレとしても人気が高いスポーツです。

夏でもスキーができるグラススキーとは!

スポンサーリンク

まとめ

夏にもスキースノボが出来る場所は結構あります。

オフトレにも最適な夏スキー、始めてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする