スキーヤーオンリーのスキー場まとめ!

スキーヤーオンリーのスキー場は、スノーボーダーとの衝突の危険性が無いため、小さな子供連れのファミリーや、自分のペースで練習をしたいスキーヤーに人気があります。

今回は、全国のスキー専用スキー場をご紹介します。

スポンサーリンク

NASPAスキーガーデン(新潟)

新幹線「越後湯沢駅」からシャトルバスで3分と言う大変好立地のNASPAスキーガーデンは、あの有名なニューオータニが経営するスキー場です。

ゲレンデサイドにそびえ立つホテル「NASPAニューオータニ」では、ワンランク上のホテルステイを楽しむことが出来ます。

スキーはもちろん、ホテルステイも満喫したいと言う方にピッタリのスキー場です。

スキー場情報

所在地   :新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2117−9

最長滑走距離:2200メートル

コース数  :8

リフト数  :5(内訳:クワッド2、トリプル1、ペア2)

レベル割合 :初級30%、中級40%、上級30%

公式HP    :https://naspa.co.jp/ski/

【NASPAスキーガーデン】スキー場情報・アクセス・レビュー・評判・混雑状況など

かたしな高原スキー場(群馬)

かたしな高原スキー場は、ミッフィーをイメージキャラクターとして起用しており、スキー場の至る所にミッフィーの看板や雪像等があります。

高速リフトが無いため、小さな子供でも安心してリフトに乗れるためファミリーに人気が高いスキー場です。

スキーヤー専用スキー場の中では規模も大きく、初級コースはもちろん中級コースも充実したコース編成となっています。

スキー場情報

所在地   :群馬県利根郡片品村越本2990

最長滑走距離:2500メートル

コース数  :11

リフト数  :7(内訳:トリプル3、ペア3、スノーエスカレーター1)

レベル割合 :初級30%、中級50%、上級20%

公式HP    :https://katashinakogen.co.jp/

【かたしな高原スキー場】スキー場情報・アクセス・評判・混雑状況・リフト料金・レビューなど

一本杉スキー場(新潟)

新潟にある一本杉スキー場は、400mのコースが1本のみと大変コンパクトなスキー場ですが、新幹線越後湯沢駅から徒歩5分と言う抜群の立地やサービスの良さが人気を呼んでか、いつも多くの人で賑わうスキー場です。

ゲレンデはコンパクトですが、レストランやレンタル等必要な施設は全て揃っており、イベントも多数開催しています。

新潟に観光に行くついでに軽くスキーをしたいと言う人にはピッタリのスキー場です。

スキー場情報

所在地   :新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2521

最長滑走距離:400メートル

コース数  :1

リフト数  :1(内訳:ペア1)

レベル割合 :初級80%、中級20%、上級0%

公式HP    :http://www.ipponsugi.net/index.html

【一本杉スキー場】スキー場情報・レビュー・評判・混雑状況など

白樺高原国際スキー場(長野)

コンパクトなスキー場ではありますが、ゴンドラがあるため効率良く回すことが出来、最長滑走距離も5000mと十分に満足できるスケールがあります。

晴天率が高い事や初中級コースが充実している点等、ファミリーに嬉しい点が揃っており、いつも子供連れのファミリーで賑わうスキー場です。

スキー場情報

所在地   :長野県北佐久郡立科町芦田八ケ野745

最長滑走距離:5,000メートル

コース数  :7

リフト数  :3(内訳:ゴンドラ1、クワッド1、ペア1)

レベル割合 :初級50%、中級40%、上級10%

公式HP    :https://shirakaba-ski.jp/

【白樺高原国際スキー場】スキー場情報・アクセス・評判・混雑状況・リフト料金・レビューなど

富士見高原スキー場(長野)

富士見高原スキー場は、「家族で楽しむスキー場」をコンセプトに、小さい子供連れのファミリーに配慮した施設が揃っています。

キッズ用のアニマル遊園地や着ぐるみパレード、本物のアルパカに触れられるアルパカ牧場など、子供が喜ぶ施設が充実しています。規模的にもサービス的にもファミリーに丁度良く、客層もほとんどがファミリーです。

スキー場情報

所在地   :長野県諏訪郡富士見町境12067

最長滑走距離:600メートル

コース数  :2

リフト数  :4(内訳:ゴンドラ1、ペア6)

レベル割合 :初級40%、中級40%、上級20%

公式HP    :https://fujimikogen-ski.jp/

【富士見高原スキー場】スキー場情報・アクセス・レビュー・評判・混雑状況など

まとめ

スキーヤー専用ゲレンデならスノーボーダーとの衝突はありません。また、客層がファミリーが多いためか、スキーヤーオンリーのスキー場は、ファミリーに優しいサービスや施設を揃えたスキー場も多くなっています。

子供と一緒にスキーを始めたいけど、衝突でもケガが心配。と言う親御さんはスキーヤーオンリースキー場に行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする