【富良野スキー場】スキー場情報・アクセス・評判・混雑状況・リフト料金・レビューなど

富良野スキー場の評価

アクセス:★★★★☆

混雑具合:★★★★★

施設  :★★★☆☆

ゲレンデ:★★★★☆

総合評価:★★★★☆

日帰り向き〇〇〇〇●宿泊向き

初心者向き〇〇●〇〇上級者向き

スキー向き〇●〇〇〇スノボ向き

※この評価は口コミや個人の見解を含む評価であり、公式の評価ではありません。

スキー場基本情報

所在地   :北海道富良野市中御料

営業期間  :11月下旬~5月上旬

※2018-2019シーズンは、11月24日~5月6日営業予定です。

最長滑走距離:4000メートル

コース数  :23

リフト数  :9(内訳:ゴンドラ1、ロープウェイ1、クワッド2、ペア5)

レベル割合 :初級40%、中級40%、上級40%

ナイター  :有り(12月上旬~3月中旬)

スポンサーリンク

リフト券料金

富良野スキー場のリフト券料金です。

大人(中学生以上) シニア(60歳以上)
1日券 ¥5,700 ¥5,100
3時間券 ¥4,200 ¥3,600
5時間券 ¥5,000 ¥4,400
サンセットナイター券 ¥5,000 ¥4,400
ナイター券 ¥2,000 ¥1,800

※小学生以下の方はリフト券は無料です。当日チケット売場で無料券を受け取って下さい。

※1日券は朝~ナイター終了まで利用できます。

※初滑りシーズン・春スキーシーズンの1日券は別料金が適用されます。その他シーズン券等料金は公式HPをご覧ください。

富良野スキー場へのアクセス

車の場合、道央自動車道「滝川IC」から57km。札幌ICからスキー場までの所要時間は約2時間20分です。駐車場代は無料です。

電車利用の場合、スキー場最寄りの「富良野駅」まで、札幌駅からなら2時間、旭川駅からなら1時間、帯広駅からなら2時間半です。富良野駅からスキー場までは、タクシーで約10分です。
飛行機利用の場合、旭川空港からバスで約一時間でスキー場へアクセス出来ます。旭川空港までの所要時間は、羽田空港から約90分、中部国際空港(名古屋)から約100分、伊丹空港(大阪)から約5時間(羽田空港経由)です。

混雑状況・混雑具合

空港からアクセスの良い富良野スキー場ですが、ゲレンデは意外にも混雑はあまりありません。

ボーダー用のスノーパークなどが無いためか、スキーヤーが多いのが特徴です。また、小学生以下はリフト券無料と、ファミリーにとってはお財布に優しいスキー場の為、ファミリーも多い様です。

初心者ボーダーがゲレンデで座り込む姿を見る事は少なく、他のスキー場と比べても空いている為、快適に滑ることが出来ます。

ゲレンデの規模の割にレストラン数は少なく広さもあまり無いため、レストランは混みやすいです。

施設

富良野スキー場は、富良野ゾーンと北の峰ゾーンの2つのゾーンからなるスキー場です。

富良野ゾーンは山麓ロープウェイ駅、北の峰ゾーンは山麓ゴンドラ駅の中に必要施設が集約されています。それぞれにトイレ、更衣室、ロッカー、売店、、チケットセンターがあり、そばにはレストランやレンタルショップもあります。

また、どちらのゲレンデにもすぐ傍に宿泊施設が多数あるため、泊まりで行くのに大変適したスキー場です。小学生以下はリフト券が無料の為、特にファミリーの宿泊客が多い様です。

富良野スキー場はスキーヤーとファミリーをメインターゲットとしている為か、スクールは主にスキースクールとキッズスクールしかありません(レンタルはスノーボードもあります)

スノーボーダー用のキッカー等のアイテムやパークも無いため、ボーダーには少し物足りないスキー場かも知れません。

北の峰ゾーン麓には、保育施設「ふらの雪の保育園」があり0歳~5歳の未就学児が利用出来ます。ふらの雪の保育園は、通常の保育(託児)の他、スキー体験1時間コースがあり、お子様の初めてのスキーに最適です。

ゲレンデ内のレストランは、味は良いですが、ゲレンデ規模の割にキャパが少なくいつも混んでおり、ゆっくり休めないと言う口コミもあります。

ゲレンデ

富良野スキー場は、北海道の中でも雪質が良いと評判で、サラサラのパウダースノーが楽しめます。

ゲレンデは富良野ゾーンと北の峰ゾーンに分かれており、どちらも縦に長い縦に長いゲレンデのため、ロングランを楽しみたい方に最適のスキー場です。2~3kmのロングランが出来るルートは豊富にあり、最長滑走距離は4kmとなっています。

また、頂上からの景色は素晴らしいと言う口コミが多数あります。富良野スキー場は晴れの日が多く、晴天率は50%程度となっています。そのため、見晴らしが良い日が多いのも富良野スキー場の特徴です。

但し、晴れの日でも関東地方のスキー場より気温はずっと低くなりますので防寒対策はしっかりとしましょう。

また、コース編成は初級から上級までバランスよく、どのレベル帯の方も楽しむことが出来ます。

富良野ゾーンも北の峰ゾーンも、ロープウェイもしくはゴンドラで、山麓から頂上まで一気に登る事が出来るため、効率よくロングランを回すことが出来ます。

但し、北の峰ゾーンのゴンドラ降り場からは中級または上級コースを必ず滑る必要があるため、初級者の人は、北の峰ゾーンのゲレンデ下部で回すか、富良野ゾーンで滑ると良いでしょう。

北の峰ゾーンと富良野ゾーンはリフトで行き来出来ますが、中級コースを滑る必要があるため、初心者にはゾーン移動は厳しいでしょう。ゾーン移動をしなくても初級コースは豊富にあり、特に北の峰ゲレンデ下部はほとんどが初級コースの為、ファミリーは北の峰ゲレンデで滑る事をオススメします。

中級者以上であれば、両方のゾーンを行き来出来るため、より富良野スキー場を満喫することが出来るでしょう。

ツアー・宿

スキースノボツアーなら

スキーツアーならJALで行く格安旅行のJ-TRIP(ジェイトリップ)
スキーツアー・スノボツアーを安さで選ぶならトラベックスツアーズ!

宿を探すなら人気ホテルが最大50%OFF!

総合評価

富良野スキー場は「ファミリーと中級スキーヤーに最適のスキー場」です。

小学生以下はリフト券無料の為、ファミリーにとってはお財布に大変優しいです。また、託児所やキッズスクールなども充実しています。

また、北の峰ゾーンと富良野ゾーンを行き来するのに中級コースを滑る必要があるため、中級者が一番楽しめるスキー場です。

スノーパーク等は無いため、スノーボーダーにはやや肩身が狭いかも知れません。

北海道のスキー場は、晴れの日は白銀の世界が広がり、素晴らしい景色を臨む事が出来ますが、晴天率が低いのが難点です。その中で富良野スキー場は、北海道の中では晴天率が高いため、絶景が見られる可能性が高いと言えます。

関連記事

スキー場レビューページ一覧

飛行機が悪天候で欠航した時の対処法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする