【白馬八方尾根スキー場】スキー場情報・アクセス・レビュー・評判・混雑状況など

(画像はイメージです)

白馬八方尾根スキー場の評価

アクセス:★★☆☆☆

混雑具合:★★★☆☆

施設  :★★☆☆☆

ゲレンデ:★★★★☆

総合評価:★★★☆☆

日帰り向き〇〇〇〇●宿泊向き

初心者向き〇〇〇〇●上級者向き

スキー向き●〇〇〇〇スノボ向き

※この評価は口コミや個人の見解を含む評価であり、公式の評価ではありません。

スポンサーリンク

スキー場基本情報

営業期間  :12月中旬~5月上旬

最長滑走距離:8000メートル

コース数  :14

リフト数  :21(内訳:ゴンドラ1、クワッド5、トリプル2、ペア13)

レベル割合 :初級30%、中級50%、上級20%

ナイター  :有り

白馬八方尾根スキー場へのアクセス

車なら、上信越道長野ICから48km(約70分)、長野道安曇野ICから50km(約70分)で到着します。

駐車場は、ゲレンデ付近に6か所の無料駐車場があります(1100台収容可)

また、ゴンドラ傍には有料駐車場もあります。

有料駐車場は600円/台かかりますが、ゲレンデまで一番近いため、朝の早い時間に満車になるほどの人気があります。こちらは70台程収容可能です。

駐車場の空車状況は、八方尾根の公式HPから確認する事が出来ます。

新幹線なら、東京から長野駅まで約80分、その後特急バスで70分、合計150分で到着です。

バスツアーなら、新宿から4時間半程、名古屋からなら5時間程かかります。

アクセスはやや悪く、移動時間が長いため、日帰りバスツアーはほぼありません。

スキー場周辺には宿泊施設がたくさんあり、ほとんどの来場者が泊りがけで滑りに来ます。

混雑具合・混雑状況

1998年に、長野冬季オリンピックの競技会場になったこと等から、世界的にも知名度の高いスキー場です。

そのため、日本のみならず世界中からスキーヤーが来場し、土日祝は大変混雑します。

日本人客の年齢層はやや高く、平日休日関係なく連日滑りに来る上級プレイヤーも多いため、平日も人気コースは多くの人で賑わっています。

ただ、来場者は上級スキーヤーが多いので、コース内で座り込むような客はおらず、不快に感じるような混雑ではありません。

駐車場は、ゴンドラに近い有料駐車場と、無料駐車場の内、ゲレンデに近い第6・第8・第9駐車場は混雑します。特に土日祝は、午前10時前には満車になっていることも多いです。

その他の駐車場は空いていますが、ゲレンデまで遠く移動が大変です。車で行くなら、駐車場の空きがあるうちに、早朝に到着する様にした方が良いでしょう。

更衣室やリフト券売り場はゲレンデ麓に数か所あります。

その中でも花咲ゲレンデ麓の、「スノープラザ花咲」が一番混雑します。

ですが、八方へは車で来る客が多く、バスツアーと違って客の到着時間がバラバラな為か、他の人気スキー場と比べるとそこまでの混雑はありません。

初心者が少ない八方尾根ですが、デビューチケット等の影響で、花咲ゲレンデでは初心者・初級者を見かけます。また、花咲ゲレンデは外国人客が大変多い事でも有名です。

初級者は花咲ゲレンデくらいしか滑れるところが無いので、花咲ゲレンデは混雑しやすいです。

施設

各施設が一か所に揃っているスキーセンターは無く、それぞれが別の建物に入っているため、利便性は良くありません。

また、八方尾根スキー場は、日帰り客用の施設があまり充実していません

来場者の大半が上級プレイヤーで、自身のスキー板・ボードを持参する人ばかりのため、ゲレンデサイドにスキー場直営のレンタルショップはありません。

スキー場直営ではないレンタルショップならスキー場そばに何軒かありますので、レンタルしたい場合は、レンタルショップの場所を事前に調べた上でスキー場に向かいましょう。

※平日はショップが営業していない事もありますので注意してください。

また、名木山ゲレンデには更衣室がありません。

車で行く場合は、車の中で着替えた方が楽です。

更衣室を利用したい場合は、白樺ゲレンデまたは花咲ゲレンデに向かいましょう。

周辺には温泉や宿泊施設が多くあるため、泊りがけでがっつり滑りたい中上級者には最適のスキー場です。

ゲレンデ

八方尾根は、最長滑走距離がなんと8kmもあり、日本有数の規模を誇るスキー場です。

中でも、全長3050mもあるリーゼンスラロームコースは、八方尾根を代表するコースで、連日多くのリピーターが営業開始と同時に滑りだす人気のコースです。

コース幅も広く、適度な斜面に変化もあり、楽しくも滑りやすいコースになっています。

また、標高の高い場所に位置する八方尾根スキー場は、頂上からの景色がとても素晴らしい事でも有名です。雄大な北アルプスの山々や、栂池高原等の近隣スキー場が眼下に広がります。

晴れていれば日本とは思えないような絶景に出会えるでしょう。

上級者用コースが大変多いのもこのスキー場の特徴で、中級コースでも最大斜度は30度を超えるなど全体的に難易度が高いです。

八方の初級は他スキー場の中級、八方の中級は他スキー場の上級と同じくらいの難易度だと思った方が良いでしょう。

初心者が滑れるコースはほとんどありません。

初心者が安心して滑れるのは花咲ゲレンデくらいでしょうか。

同じ初級コースの白樺ゲレンデは最大斜度20度ときつめで、名木山ゲレンデに至っては、初級コースに分類されているにも関わらず、最大斜度35度の急斜面があり、上級者でも十分に滑りごたえがあるコースになっています。

また、八方は世界有数のパウダースノーを体験出来ると評判です。

不整地・非圧雪のコースも多く、夜に雪が降った翌日は極上のパウダーを堪能できます。

そのパウダーを目指して多くの人が早朝から滑り始めるため、営業開始から数時間でパウダーは食い尽くされてしまう事も多々あります。パウダーが目当てなら、リフトが動き出した瞬間から滑るつもりでいなければ出遅れてしまうでしょう。

不整地コースはコブになる事が多く、コブ斜面が多いのもこのスキー場の特徴です。

コブが多いためか上級コースばかりのためか、来場者はスノーボーダーよりもスキーヤーの方が圧倒的に多いです。

上級コースは急斜面でかつコブがあり、他スキー場なら超上級コースと言われるような難易度の高いコースばかりです。

八方に滑りに来る客は上級スキーヤーばかりで、スキーを楽しむと言うよりは、競技をしているかの様な雰囲気で、みな真剣に滑っています。

ツアー・宿

スキースノボツアーなら

スキーツアーならJALで行く格安旅行のJ-TRIP(ジェイトリップ)
スキーツアー・スノボツアーを安さで選ぶならトラベックスツアーズ!

宿を探すなら人気ホテルが最大50%OFF!

総合評価

八方尾根を一言で表すなら、「極上のパウダーと上級コースが豊富な基礎スキーのメッカ」と言えるでしょう。

バッジテスト1級からクラウンプライズを取得しているレベルの人ならば、これほど練習に適したスキー場はありません。

初心者は、迷わず近隣の栂池高原スキー場に行った方が有意義な時間を過ごせるでしょう。

関連記事

白馬エリア-スキー場レビュー記事一覧

スキー場レビューページ一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする